Cheer Woman Staff Blog

゜*乳がん体験者のためのコミュニティサイト「CheerWoman」事務局スタッフによる医療情報ブログです* ゜

乳がんサバイバーの体験談と知恵が満載!乳がん体験者のためのコミュニティサイトCheerWomanの事務局スタッフがお役立ち情報をお届けします*°˖

チアウーマンのみなさん、こんにちは!事務局のチア子です。

今年もあっという間に12月となりましたね。

去年の今頃は、新しい感染症で大きく生活が変化するとは夢にも思わず、

クリスマス🎄や年末の帰省を楽しみにしておりました。


今年は、これまでとは違ったクリスマスや年末年始🎍となりそうですが、

今だからこそ出来ることも楽しみたいと思っています。


さて、前回に続き、「医療費控除」についてご紹介いたします。


1.医療費控除とは?


1年間(1月1日から12月31日まで)に、自分・自分と生計を共にする配偶者や家族のために医療費を支払った場合において、支払った医療費が一定額
(一般的に10万円)を超える際に、その年の所得税が軽減される制度です。


2.医療費控除の対象となる医療費の要件

(1) 納税者が、自分および生計をともにする家族のために支払った医療費
  であること

(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること

 3.対象となる医療費の種類

医療費控除の対象となる医療費には、病院にかかったときの治療費・処方せんの薬代などのほか、風邪薬などの市販薬の購入費なども含まれます。

以下に、具体例を一部抜粋してご紹介いたします。
詳細は
国税庁HP:医療費控除の対象となる医療費をご覧下さい。

(1)医師又は歯科医師による診療又は治療費
 ※健康診断の費用や医師等に対する謝礼、美容目的の歯列矯正などは除く

(2)治療又は療養に必要な医薬品の購入の代金
 ※風邪薬など市販薬の購入代金は医療費となるが、ビタミン剤などの 
  病気の予防や健康増進、美容のための医薬品の購入代金は除く

🏥健康診断や予防接種などについては、
厚生労働省HP:セルフメディケーション税制についてもご覧下さい。

(3)病院や診療所などへの交通費(電車やバスなどの公共交通機関)
 ※電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除き、 
  タクシー代は控除の対象には含まれない。 
  また、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金は除く

(4)あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による
   施術の対価
  ※ただし、治療に関係ある施術のみ

 
4.医療費控除の対象となる金額

療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

【実際支払った医療費の合計額-①保険金等で補てんされる金額】

 -②10万円


①保険金等で補てんされる金額
例:生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費など

注:受け取った保険金額が医療費を超える場合には、医療費控除は受けられません

 

②10万円

注:その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額


医療費控除は、高額な医療費の出費があったときに税金が軽減される、

とてもありがたい制度です。


治療中はもちろんですが、経過観察の検査等にも費用がかかりますよね。
翌年に確定申告をするという作業は生じますが、ぜひ漏れなく活用していただきたいと思います✨


チアウーマンのみなさん、こんにちは!
事務局のチア子です。

あっという間に11月を迎え、今年も残すところ、あと2ヶ月。

年末が近づき1年間の整理をする時期ですね🍂


今年は自宅で過ごす時間が増えたこともあり、

家電などのおうちグッズをいくつか購入しました。

その中でもとてもよく使ったのはソーダメーカーなのですが、

最近寒くなってきたので、春先までお休みさせようかな~と

年末大掃除に向けて、検討中です!

3933656_s


さてさて、みなさんは今年支払った医療費について
整理されていますでしょうか。

医療費の負担を軽減するための制度として、

税法における「医療費控除」
康保険制度の「高額療養費制度」があります。


医療費控除は、年間の医療費が多く発生した家計に対して、

所得控除の仕組みを利用して所得税を軽減するものです。

(支払った医療費そのものが戻ってくるわけではありません)


一方の高額療養費制度は、

支払う医療費の自己負担額そのものを減らしてくれる制度なので、

大きく自己負担額が変わってきます。

ご存知の方も多いかと思いますが、

今日はその高額療養費制度について、ポイントを確認したいと思います!




1.高額療養費制度とは?

日本には国民皆保険制度があり、

通常、医療費の大部分がこの公的な医療保険によってカバーされます。


加えて、外来受診や入院・治療などで、

1ヶ月間に支払う医療の自己負担分が高額となった場合に、

「高額療養費制度」によって

自己負担の限度額を超えた部分について払い戻しが受けられます。


ではその自己負担の限度額とは、どのようにして確認出来るでしょうか?



2.自己負担限度額の確認方法

自己負担の限度額は、年齢や所得区分に応じて、異なっており、

以下の表に基づいて算出されます。


【70歳未満の方】


例えば、
40歳・個人年収380万円のAさんが、

11月1日~11月30日までの間に

総医療費30万円(病院窓口での自己負担支払い9万円の治療を受けた場合、

上記表の式にあてはめて計算すると自己負担限度額は80,430円となります。

 80,100円+(300,000円-267,000円)×1% = 80,430円


 ※総医療費とは保険診療にかかる費用の総額(10割)

 ※入院中の食費・ベッド代や先進医療などは、適用対象外


この制度を使えば、

病院で支払った金額から自己負担限度額が差し引かれて、

Aさんに9,570円が払い戻されるようになります。



3.申請方法は2パターン

高額療養費制度を利用するためには、2つの申請方法があります。


◆事後の手続き(診療後に支給申請を行う※)


 ①診療後に病院窓口で自己負担割合に応じた医療費を支払う

 ②自己負担限度額を超えていた場合、加入している公的医療保険の

  運営主体者である保険者(○○健康保険組合、協会けんぽなど)に

  問い合わせ、高額療養費の支給申請を行う

 ③保険者から自己負担限度額を超えた部分が払い戻される


 ※支給申請の期限は、診療を受けた月の翌月の初日から2年


◆事前の手続き(限度額適用認定証を利用


 ①病院
窓口での支払い以前に保険者に申請して
  「限度額適用認定証」を取得

 ②病院窓口支払い時に、この認定証を掲示し、
  高額療養制度の 
自己負担限度額のみを支払う



4.困った時は、各保険者に問い合わせましょう!

高額療養費制度について、不明点があれば、

加入している公的医療保険の保険者に問い合わせるのが一番確実です。


また、高額療養費制度以外にも、

高額療養費貸付制度と高額療養委任払い制度など、

利用出来る制度があるため、こちらも併せて確認してみましょう。


また医療費控除については、次回お届けしますので、

よろしければ、そちらもご覧下さい!


チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。


各地で季節性インフルエンザワクチンの接種が始まりましたね!

厚生労働省から接種時期についてのお願いが発表され※1

予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)以外は

26日以降の接種になるかと思いますが、

皆さんはもう予約されましたか?


今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、

多くの人が感染予防行動をとっているためか

インフルエンザの罹患率もとても低いんだとか。


昨年の9月は、2週目までで計9551人の感染が確認されていましたが、

今年はなんと!同じく9月2週目までの統計で、

感染者数はたったの7人だそうです。


日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、

例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えます。

まだまだ油断はできませんが、

この調子で予防に努めていきたいですね。



ワクチンといえば、

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症のワクチン開発も

世界中で進められていますね。


WHOによると、

すでに「臨床試験」に入っているCOVID-19ワクチン候補は約40種類とのこと。

(9月28日現在)


通常、薬の開発は


基礎研究

非臨床試験(モデル動物を用いて安全性、有効性などを評価する)

治験(ヒトによる「臨床試験」)

承認審査


という順番で進んでいきます。


ワクチンは、基礎研究から承認審査を経て接種開始までにかかる期間が

10年以上に及ぶことも珍しくないといわれています。

そう考えると、COVID-19ワクチンの開発が

どれだけ急ピッチで進められているか分かりますね。



==============

今日はワクチンに関する話をもう一つ、

皆さん、「有効率」ってご存知ですか?

有効率70%のワクチンがあったとして、

これの意味するところは

「100人中70人は罹らない」ではありません



ウイルスが体内に入った状態を「感染」、

感染したあと症状が出た状態を「発病(発症)」といいます。


「感染」したら100%「発病(発症)」する病気があったとして、

ワクチンを接種したら30%しか「発病(発症)」しない場合、

そのワクチンの「有効率」は70%、と表現されます。


「ワクチンを接種しなかった人が病気にかかるリスクと比べて、

 接種した人が病気にかかるリスクが相対的に70%減少した」

ということです。



「インフルのワクチン打ったのに罹った!」

「どうせ効かないから打たない!」


そう思っている方、言っている方、周りに居ませんか?


小児を対象とした研究では、

インフルエンザワクチンの有効率は60%程度と報告されています※2



麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン/有効率95%程度)と比べると、

低いなあと思われるかもしれません。


ですが、インフルエンザワクチンに最も期待される効果は、

発病の予防ではなく、重症化の予防

にあります。


65歳以上の高齢者を対象とした研究では、

インフルエンザワクチンの接種で約45%程度の発病を阻止し、

約80%の死亡を阻止する効果があったとされています※3



COVID-19ワクチンの開発が進み、このあたりのデータがでてくると、

きっと「ワクチン打ったのに罹った!」

「どうせ効かないから打たない!」問題はでてくると思います。


ワクチンについての正しい知識をつけて、

COVID-19ワクチンがどのようなワクチンなのか、

どのような効果があるのか、等

正しく情報を集めていきたいですね。




image (5)



※1 参考:「季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い」https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index_00011.html
※2 参考:「ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable diseases)対策への適用に関する分析疫学研究」
※3 参考:「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」

このページのトップヘ