Cheer Woman Staff Blog

゜*乳がん体験者のためのコミュニティサイト「CheerWoman」事務局スタッフによる医療情報ブログです* ゜

カテゴリ: 生活

チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。


9月に入り、もう2週間が過ぎましたね🍎

私は、4月に検診に行ったことを書かせていただきましたが、

念のため半年後に再検査となり、日にちが近づいてきて少しドキドキしております。

検査は何度受けても慣れないものですね💦


再検査の予約日は、ずいぶん先のことに感じましたが、

振り返ってみればあっという間でした。

その間、「緊急体宣言」や「新しい生活様式」…今年は変化の多い年だと

つくづく思いました。

これから秋・冬を迎えるにあたり、気を引き締めていこうと思います。


さて、これからの秋、皆様はどのように過ごされますか?

私は果物狩りが好きで毎年出かけていたのですが…🚙

今年は気軽に出かけられないので、家で過ごす時間も充実させたいなと思っています。

(8/3更新 『おうち時間を楽しく過ごす方法方は?』もご参照ください✨

今回は、私が考えている秋の過ごし方🍂を紹介したいと思います。

3802300_s

①読書の秋📚

本や雑誌、漫画など活字を読むことが好きで、色々読んできました。

学生の頃、古文の授業が好きだったのですが、最近また色々と読み返しています。

日本語の奥ゆかしさや日本の美しい文化、四季の移ろいにも触れることができ、

日本の良さを再認識できるような気がします。


今はかの有名な「おくのほそ道」を読み返し国内旅行気分👜を味わっています。

その中でふと思ったことがあります。


「夏草や兵どもが夢の跡」

その情景が目に浮かぶ有名な句です。

今読んでいるバージョンには現代語訳がついており、豆知識もたくさん書かれています。

そこに日本文学研究者として高名な方の英訳が載っていました。

The summer grasses Of brave soldiers’ dreams The aftermath


この中で「aftermath」という単語が分からず、調べたところ

「戦争・災害などのあとの状態、余波」とのことでした。

まだ新型コロナウィルス感染症拡大が災害なのか…まだ感染拡大の最中なのか、

「aftermath」なのか…などと考えを巡らせ、とにかく早く治まって
平和な世の中になって欲しいな、と思いました。

721894_s













こちらの写真は

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句も有名な山形の立石寺です。

一段一段登っていくと、煩悩が消えるという言い伝えある

千段の石段を登り、この風靡の立石寺に辿り着くそうです。

一度拝観したく昨年訪れたのですが、残念ながら目前で時間切れとなってしまったので、

落ち着いたら再訪したいなと思っています。


次は平家物語、源氏物語…と読み返していこうと思っています。

 

②お菓子作りの秋🍩

これまで2ヶ所の和菓子教室に通っていたのですが、
新型コロナウィルス感染症拡大に
伴い、オンライン講座受けたり
動画を購入するなどして、時々自宅で作っています。

他にもオンライン対応している教室なども探して、これまで作ったことのない技法
などにもチャレンジしてみたいなと思っております。


恥ずかしながら…下記の「乙女菊」は昨年秋に作ったものですが、
色を綺麗に出すことが難しいと思った作品です。

2色の色を重ねて色の境目をこすってぼかす「はりぼかし」という方法を使っています。


今はドラマ「私たちはどうかしている」でも和菓子が多く出てきて

嬉しい限りです✨

和菓子が、もっともっと広まっていくといいなと思います。

980C871A-749F-4FC4-98AD-10232C4A5550

③連続ドラマ・映画鑑賞三昧の秋📺

もともと映画が好きで、映画館で鑑賞したり、
定額制動画配信サービスで見るなどしていました。

自粛期間中に家族の影響で、これまであまり見てこなかった社会派ドラマや映画、
海外ドラマなどを見るようになりました。

CMが入らず、続きが気になるものを自分のペースで見られるので、

一気見する日もあり、時間を忘れてしまいます。


今は、山崎豊子さん原作の

WOWOW開局25周年記念 連続ドラマW 沈まぬ太陽」を見ています。

先月8月は日本航空123便墜落事故があった月でもあり、
色々調べた際に
辿り着きました。


全20話と長編ながら話の展開・俳優さんの演技力に見入ってしまい、
次へ次へと見てしまいます。

自分が生まれた翌年の出来事で当時の記憶はないのですが、

ドラマを見たことで、時代背景含めて知ることができ、

改めて色々と考えることが多いドラマです。


早く気兼ねなく外出、旅行等👜が出来るようになればと思いますが…、

この状況だからこそ出来ることを極めたり、
どっぷりと趣味に浸かってみようかなと思っています✨

皆さんもお勧めの秋の過ごし方があれば、教えて下さい♪


チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。


突然ですが、今日9月1日は防災の日、

そして毎年8月30日~9月5日は防災週間です!

皆さん、災害への備えはばっちりでしょうか。


実は私、東日本大震災の時に被災しまして、

一週間ほど電気なし・ガスなし・水道なし・電波も(!)なし、

という生活をしておりました。


田舎なので近所にお店が全くなく、

かといって遠出するためのガソリンも買えない状況で、

日々の備えの大切さを痛感しました😨


災害は突然やってきますので、

この機会に災害への備えについて考えてみませんか??


防災1




1.食料・飲料などの備蓄について

災害の発生時は、自宅が直接被災していなくても、

日常生活に欠かせない電気やガス、水道などが止まることもあります。

ライフラインが復旧するまでの間、生活出来るだけの

食料や生活必需品を備蓄しておくことが大切です。


 ◆飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

 ◆非常食 3日分の食料として、

  ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パン など

 ◆トイレットペーパー、ろうそく、カセットコンロ など

 ◆生活用水としてお風呂の水を張っておく



2.基本の防災セットについて

自宅が被災した場合は、避難生活を送ることになります。

ハザードマップや各自治体の避難場所を確認しておき、

すぐに避難が出来るように非常時に持ち出しバッグを備えておきましょう。


また避難直前に入れる貴重品などの持ち出しを忘れないように、

チェックリストを用意しておくと安心です。


◆飲料水、食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

◆貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
◆救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
◆ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手
◆懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
◆衣類、下着、毛布、タオル
◆洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、生理用品、携帯トイレ


2防災


また私が被災した時は、

お皿や窓ガラスが割れた暗い室内を歩くことになったので、

すぐに取り出せるところに懐中電灯を備えておいたり、

底の厚い靴があればいいなと思います。



3.その他に備えておきたいこと

災害発生時には、それまで行っていた治療が一時的に

中断されることがあるかもしれません。

また基本的な防災セット以外にもあった方が良いものもあります。


①治療についての情報

・病状などを記載したものや、お薬手帳

・内服薬や必要物品


②かかりつけの情報

・病院の住所、連絡先

・主治医のフルネーム


③ウィッグの代わりの帽子

被災生活の中で、水やケア用品も手に入りにくい状況も考えられるので、

ウィッグ使用中は、取り扱いしやすい帽子があると安心できそうですね


これ以外にも備えておいた方が良いものがあるかと思いますので、

是非みなさんの防災対策についても教えてください。

防災3


ここ数年は特に過去経験したことのない規模の災害が

頻繁に発生しています。


一人ひとりの防災意識も高まっていると思いますが、

防災グッズを揃えたから安心!ということではなく、

毎年この時期に災害への備えについてチェックするようにしたいですね。



チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。


気付けばもう8月ですね!

まだまだ新型コロナウイルス感染症の影響は続きそうな今年の夏、

皆さんは何をして過ごしますか?

今日は、おうち時間の楽しみ方を3つご紹介しようと思います



1.オンライン体験、オンライン旅行

 GoToキャンペーンも始まりましたが、旅行はまだちょっと・・・

 という方も多いのではないでしょうか。

 実は今、海外旅行からマジックショー、ダンス教室などなど、

 様々なアクティビティがオンラインで楽しめるようになってきています!


 これを機に、新しい趣味の発見や、やりたかったことをやってみる、

 というのもいいかもしれません。

 私は個人的に、”世界クラスのバリスタが教えるコーヒーの淹れ方教室”

 というのが気になります


 「オンライン 旅行」「オンライン 体験」などで検索してみてくださいね!!


image (3)


2.オンライン飲み会、オンラインお茶会

 わりと早期から耳にすることが多かった「オンライン飲み会」。

 ZoomSkypeといった、無料のテレビ電話システムを使って、

 画面越しにみんなで楽しく話したり、
 飲み会・お茶会をしたりすることができます。


 私もこの前、実家の家族と兄弟家族とテレビ電話をしました!

 姪っ子が大きくなってて感動しました・・・!

 想像以上に楽しめたのでお勧めです



3.家カフェ、家給食、家ホテルランチ

 今、ホテルオークラディズニーリゾートをはじめ、

 様々な人気店や給食センターが
 秘伝(?)のレシピを公開しているのをご存知でしょうか?

 

 気軽に外出できない今だからこそ、
 家でその味を楽しめるのは嬉しいですよね!

 出前をとるのも一つの手ですが、せっかくなら自分で作ってみたい!

 そんな方はぜひ、公開レシピをもとに
 お店のメニューにチャレンジしてみてください


 私はいつかココア揚げパンに挑戦してみたいです・・・!

 (きなこ揚げパンも・・・)



image (2)


いつも皆さんのチアデイズも拝見しております。

皆さんがこの夏どのように過ごされるか、投稿を楽しみにしていますね


チアウーマンのみなさん、こんにちは!事務局のチア子です。


まだ梅雨明けしていない地域も多く、蒸し暑い日が続きますね⛅

夏は肌トラブルも起こりやすい季節ですので、今回はスキンケア方法について、

お伝えしたいと思います!

2499017_s


夏は汗をかくこともあり、なかなか「保湿」に気が回らないことと思いますが…

スキンケアの基本は「清潔・保湿・保護」です。 


 清潔:刺激の少ない弱酸性・無香料の石鹸・ボディーソープ等を選び、 

    よく泡立ててやさしく洗う 

 保湿:保湿クリームやローションなどをこまめに、 たっぷり塗る

 保護:肌に優しい化粧品を使用する
    (敏感肌用 やアルコールが入っていないものを選ぶ)


また、日焼け(紫外線)を避けるため、

外出する時は、日焼け止めクリームを塗りましょう☀ 

さらに帽子や日傘、長袖の上着、UV加工の手袋などを併用すると、

より日差しを避けることが出来ると思います♬

3489049_s

ケガや虫刺されにも注意が必要です。

 ケガをした場合は細菌が入らないように傷口を水で洗って清潔にしましょう。

虫に刺されるような場所に 行く場合は、虫除けスプレーを使いましょう。

今は、首からぶら下げるタイプの虫よけなど様々な商品が販売されていますね♬


もし、刺されたら痒み止めなどを塗って普段通りのケアを行って下さい。

なぜなら、蚊などに刺された後に痒みで皮膚を掻き壊すことで傷ができ、
その傷から細菌が 入ることで、炎症につながるのを避ける必要があるからです。

 ※心配な場合は主治医にご相談下さい


他にも…

ペットの爪によるひっかき傷や、深爪、脱毛処理にも気を付ける必要があります。
出来るだけ皮膚トラブルを起こさないよう、日頃から注意していきましょうね✨


参考文献:国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 生活の工夫カード

     がん研有明病院 乳がんの治療をこれから受ける方のために



チアウーマンのみなさん、こんにちは!事務局のチア子です。


このところ蒸し暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか☀


緊急事態宣言の解除から1ヶ月弱経ちましたが、

感染症対策のためにマスクをしている方が多く、

例年よりも熱中症に気をつけた方が良いと言われています。


実際、炎天下でマスクを付けていると、ちょっと息苦しさを感じますよね。

3544165_s

これから迎える夏本番に備えるため、

改めてマスクの着用と熱中症の予防方法について調べてみました!



◆夏場のマスク着用について


厚生労働省は、夏場のマスク着用について次のように見解を示しています。


マスクは飛沫の拡散予防に有効で、

 一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。


・高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、

 熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、

 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、

 マスクをはずすようにしましょう。


例えば、家からバス停まで歩く際には、マスクをはずしておき、

バスに乗車する際に、マスクを着用するなど、

場面によって、使い分けが出来ると良いかもしれません。



◆熱中症の予防について


熱中症とは、

「暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称」

といわれています。


暑い環境にいる、あるいはいた後に、体調が悪くなった場合は、
熱中症の可能性が疑わしいので、気をつけましょう!



熱中症の対策は、みなさんも思い浮かぶと思いますが・・・


・暑さを避ける

・こまめに水分補給をする

・日頃から健康管理をする

・暑さに備えた体作りをする


などの予防行動を、厚生労働省もまとめています。


脱水と体温の上昇を抑えることが大切ですが、

特に重要だと思われる水分補給について、ポイントを押さえてみました。



2622568_s


・喉が渇く前に、こまめに水分補給

・一日の水分摂取は、1.2リットルが目安

・発汗がある場合は、スポーツ飲料などの塩分を含む飲み物がおすすめ

・カフェインやアルコールを含む飲み物は利尿作用があり、熱中症予防には逆効果



夏場は、ついついアイスコーヒーなどに手を伸ばしてしまいますが、

脱水予防・水分補給のためには、

お水やノンカフェインのお茶の方が良さそうですね。


基礎疾患などによって、
制限などがあるかもしれませんので、

詳しくは主治医に相談しても良いかと思います。


例年とは違う、夏の過ごし方になるかもしれませんが、

いつも以上に無理をせずに、ちょっとした工夫や心がけで

この夏を元気に乗り切りたいですね!

このページのトップヘ