Cheer Woman Staff Blog

゜*乳がん体験者のためのコミュニティサイト「CheerWoman」事務局スタッフによる医療情報ブログです* ゜

タグ:チアウーマン

チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。

もう10月に入り、今年も残すところ3ヶ月ですね。


2019年12月に中国の武漢で新型コロナウィルスが確認されてから、3年近くが経とうとしています。

日本で流行し始めた時は、未知のウイルスにどう対応していくか、かなり警戒感を持ってテレビやネットから毎日情報を得ていたと思いますが、最近では、メディアも詳しく報じる頻度が下がってきていますよね。


なんとなく収束ムードが高まりつつありますが、最近のコロナ情報についてまとめてみたいと思います。


◆感染者の状況ってどうなっているの?


振り返ると、2020年1月16日に日本で初めて感染者が発表され、3月下旬から感染者が増加。3月27日には全国の新規陽性者が100人を超え、第1波を迎えました。


以降、コロナウイルスは変異を繰り返し、感染力や症状が変化。

今年の7月頃から第7波に入り、7月23日に全国の陽性者が20万人を超え、8月のお盆明けに26万人超で過去最多を記録しました。その後は減少傾向となり、9月26日時点での新規感染者数は4万3千人となっています。



◆重症化のリスクは?


ウイルスの変異によって感染力が高まり、第7波では感染者数も急増しましたが、重症化のリスクはどう変化したでしょうか。


60歳以上の重症化率は、デルタ株流行期には5.0%だったものが、オミクロン株流行期には2.49%まで低下しています。

 (※参考:新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの重症化率等について


以前は肺炎が悪化して重症となるケースがほとんどでしたが、オミクロン株が主流となり、高齢者が感染を契機に持病や全身状態が悪化するケースが増えています。

若年層と比べると高齢者は重症化率や死亡率が高い傾向にありますが、以前と比べ低下してきているようですね。



◆今後のワクチン接種はどうしたらいい?


これからワクチン接種を検討されている方は、オミクロン株対応のワクチンが受けられるかどうかを確認すると良さそうです!


<オミクロン株対応の2価ワクチン>

従来のワクチンよりも、オミクロン株に対する重症化予防効果、感染予防効果、発症予防効果が高いワクチンなので、今年の年末までに接種完了することを推奨されています。


対象は、1・2回目接種を完了した12歳以上の全ての方。4回目接種を受けていない方を優先しつつ、1・2回目接種をして5ヶ月以上経過した方は接種可能となります。


<1・2回目接種がまだの方>

オミクロン株対応のワクチンは、1・2回目の初回接種では使用できないようです。

まずは従来型のワクチンで1・2回目の接種を受け、5ヶ月経過した後に、オミクロン株対応2価ワクチンの接種が可能となります。



このように接種回数や接種時期によって対応が異なるので、上記を参考にしつつ、詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせいただくか、「コロナワクチンナビ」で接種券の発行申請が出来るか確認してみてくださいね。

(オミクロン株対応ワクチンの接種対象に該当する方であれば、お手持ちの3回目または4回目接種用の接種券を使用して接種いただけるようです!)




簡単に情報をまとめてみましたが、いかがでしたか?

感染者数も減少傾向が続き、少しずつ日常が戻りつつありますが、より安心して過ごせるように参考にしてみてくださいね!



<参考:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について>

・オミクロン株対応2価ワクチン接種のお知らせ 

 https://www.mhlw.go.jp/content/000991111.pdf

・新型コロナウイルス感染症の”いま”に関する11の知識

 https://www.mhlw.go.jp/content/000927280.pdf

・コロナワクチンナビ

 https://v-sys.mhlw.go.jp/

チアウーマンのみなさん、明けましておめでとうございます!

事務局のチア子です。

あっという間に1年が過ぎ、2022年がやってきました🎍✨

みなさんは今年1年、どんなことをやってみたいですか??



私は去年、やってみたいことや目標をスマホのメモ帳に書き出して、数ヶ月ごとに振り返っていたのですが、5つの目標のうち、2つは達成出来ませんでした😓

かなり漠然とした内容だったのがいけなかったようなので、今年は実行に移せそうな具体的な目標を立てたいと思います✨


22467711_s



・・・と気合を入れて新年の目標を考えつつも、、結局2022年も寝正月でスタートしてしまったので、

お正月明けから通常の生活リズムに戻すのにとても苦労しています😅


特に冬の寒い時期は、朝ベッドから出るのが辛いですよね。

私は暖かい布団の中から出て、朝の活動を開始するまでに結構な時間を要します。

このままだと良くないので冬の朝起きられない問題を解消すべく、今回はその原因と対策についてまとめてみようと思います!



冬の朝、スッキリと起きられない原因は・・・?


冬場になかなか布団から出られないのは、主に2つの原因が考えられます。


◆原因1 日の出の時刻が遅く、薄暗い

冬は夏と比べて、朝の同じ時間帯でも薄暗いですよね。

日の出の時刻が遅く、また日の光も弱いので、朝日によって抑制されるはずの睡眠ホルモン メラトニンの分泌がなかなか止まらないことが考えられます。

また日照時間も短いため、睡眠ホルモンのセロトニンとメラトニンの分泌バランスが崩れることで眠りと覚醒の調整も悪くなります。


◆原因2 暖かい布団の中でリラックスモードが続いてしまう

起床時にぼんやりしてしまうのは、睡眠中に体温が下がり、優位になっている副交感神経の活動が活発で、リラックスモードが続いているため。特に冬場は布団の中の方が心地よいため、リラックスモード(副交感神経が優位な状態)が続き、中々交感神経のスイッチが入りにくいことが考えられます。




冬でも早めに布団から出るためには・・・?


少しでもスムーズに朝の活動をスタートさせるために、明日からでも簡単に取り入れられそうな対策を調べて、まとめてみました!


  1. 朝起きたらまずは電気をつける

冬は起きてすぐカーテンを開けてもまだ暗いので、電気をつけるようにしましょう!電気をつけようにもそもそも布団から出られない事もありますが、最近は起床時間に合わせて点灯する、目覚めを促すライトもあるようです。


  1. 目覚めをサポートしてくれそうな音楽やラジオ、テレビをつける

寝起きの頭に刺激を与えて、少しでも交感神経の活動が高まりそうな音楽をかけてみ ましょう!音楽の代わりにラジオやテレビでもいいので、耳からの刺激も使って、身体を目覚めモードに持っていくのも良いかもしれません!


  1. 布団の中で身体を動かす

身体を動かすことで、交感神経の働きも活発になります。

布団から出るのが辛い日は、布団の中で横になった状態でも手足の指を動かしたり、ストレッチを行うように身体を伸ばしたりすることで、副交感神経から交感神経に切り替わってくれます!


  1. 布団から出やすいように温度調整する

結局部屋が寒いと、目覚めていても布団から出られないですよね💦 

起床時間の少し前にタイマーで暖房をつけたり、寝衣の上に羽織れるものを置いておくことで、室温・体温の調整をしましょう。 



お正月明けの時期の一日のスタートを少しでもスムーズにするために、4つの対策をしばらく実践してみようかなと思います。

みなさんも取り入れられそうなものがあれば、ぜひやってみて下さい!



今年もチアウーマンやこのBlogでみなさんのお役に立てるように、情報発信していきたいと思っております。


2022年もチアウーマンをどうぞよろしくお願いいたします。


このページのトップヘ