チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。


皆さんは、「アピアランスケア」をご存知でしょうか?

アピアランスケアとは、抗がん剤などの薬物療法や放射線治療、外科治療等による

外見の変化(脱毛、爪、皮膚の変化、手術跡など)がもたらす患者さんのストレスを軽減するためのケアのことです。


“抗がん剤治療中に冷やすとよい”等は皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、

これらの対策がどの程度エビデンス(科学的根拠)があるものなのかについて、

今回はご紹介したいと思います!


1068722_s


1.頭皮を冷やすことは、化学療法による脱毛の予防に効果がある?

 頭皮クーリングシステムによる冷却は、周術期化学療法を行う乳がん患者さんに限定して弱く推奨※1されています。装着の仕方や温度、時間、使用している薬剤による影響も考えられますが、冷却した群と冷却していない群では、脱毛の程度にかなり差があったと報告されています。


※1 (行うことを)弱く推奨する:必ず行わなければならないということではなく、益と害のバランスおよび患者の価値観などを踏まえ、現場で相談し、どちらかというと行うことを勧める、という意味
  参考:日本乳癌学会 推奨の強さ/エビデンスグレード/エビデンスの強さ


 この「頭皮冷却療法」は2019年3月に厚生労働省により薬事承認され、2022年現在、保険外診療として全国約50カ所※2の病院で導入されているようです。中でも、検証に用いられたPaxman Scalp Cooling キャップを導入している医療機関は、病院ホームページ上から分かるだけでも10カ所以上あります。もし脱毛が気になるようであれば、一度病院に問い合わせてみても良いかもしれませんね。

 なお、再発毛を促進させるためのマッサージ等については、まだ質の高いエビデンス(科学的根拠)がなく、今後の報告が待たれています。


※2 参考:虎の門病院乳腺内分泌外科 頭皮冷却療法(その1)



2.指先(爪)を冷やすことは、爪障害の予防に効果がある?

 頭皮の冷却が有効であると報告されたことにより、タキサン系薬剤(パクリタキセル、ドセタキセル)による爪障害(色が褐色や白っぽくなる、横溝ができる、爪の下に血ができる、等)の予防として手足を冷やすことの有効性に関しての報告も増えつつあります。

ですが、検証中に冷たさに耐え切れず、脱落してしまう方も少なくはないようです。凍傷に注意しつつ、効果が認められるかつ耐えられる最適な冷却温度や冷却時間を検討していくことが、今後の重要課題となっているようです。

 冷却用グローブやソックスを常備している病院も増えてきています。タキサン系薬剤を使用している方は、一度試してみても良いかもしれません。



3.放射線照射部位は保湿剤を塗ったり洗ったりした方が良いの?

 乳がん術後の胸部照射の場合、放射線皮膚炎の軽減や悪化予防のために照射部位にステロイド外用薬や保湿薬を塗布することは、弱く推奨※1されています。研究によって照射装置や照射方法の違いはあるものの、ステロイド外用薬を塗布した群は塗布していない群と比べて、Grade2~3の放射線皮膚炎が有意に減少したと報告されています。

 また、よく洗うことで放射線皮膚炎が軽減する傾向にあるので、放射線治療中の照射部位の洗浄も勧められています。タオルやスポンジは使わず石鹸の泡で優しく洗うこと、マーキングがある場合は慎重に行うことに注意が必要です。万が一マーキングが消えてしまったり薄れてしまった場合には、絶対に自分では書かずに病院のスタッフにお伝えください。



 より研究や検討が進み、エビデンスレベルの高いアピアランスケアが今後さらに増え、そういったケアが実施できる医療機関が増えてくるとよいですね。


参考文献:がん治療におけるアピアランスケアガイドライン 2021年版