チアウーマンの皆さん、こんにちは!事務局のチア子です。

気温があがり、また連日暑い日が続いていますね!
最高気温が35℃以上の日を猛暑日といいますが、ここ最近の30年間で
猛暑日の日数は約3倍に増加しているのだとか。

「昔より暑くなった」とよくいわれますが、
これだけ暑い日が多くなると、そう感じるのもうなずけますね。

夏に気を付けたいことのひとつ、「熱中症」については、
こちら↓の記事で紹介しているのでぜひご覧ください

そしてもうひとつ夏に気を付けたいのが、「日焼け」です。
昨年までと比べて外出する機会が増え、
日に当たる時間が増えた方も多いのではないでしょうか?

今回は、日焼けに関するあれこれを深堀りしてみたいと思います

23555390_m


●紫外線って?赤外線となにが違うの?
レントゲン検査などで使われる「エックス線」、電子機器などでよく耳にする「赤外線」、そして日焼けの原因「紫外線」。
この「○○線」、名前が似ていますが何が違うかご存知でしょうか?

これらはすべて光の仲間で、別名「電磁波」とよばれています。電磁波の波長が長いとエネルギー量が低く、短いとエネルギー量が多いという特徴があります。また、波長が短くなるにつれ身体を通り抜けるようになります。そして、波長の長さ(エネルギー量)によってそれぞれ下図のように呼び方が変わります。

電磁波とは_アートボード 1


●日焼けで黒くなる人と赤くなる人の違いは?
日焼けしたとき、あなたの肌色はどのように変化していますか?
「黒くなる人」と「赤くなる人」がいますが、その違いはメラニンを作る力にあります。
※メラニン:紫外線から皮膚の細胞を守るはたらきがある黒色の色素のこと

肌色が黒くなる人はこのメラニンを作る力が高く、紫外線から肌を守ることができます。赤くなる人はメラニンを作る力が弱く、紫外線でダメージを受けやすいです。

肌タイプによって日焼け後のお手入れの仕方も変わってきます。黒くなる人はメラニンを定着させないようビタミンCを摂るようにし、赤くなる人は日焼け跡を軽いやけどと同じように扱い、「冷やす」「保湿」などの処置を段階的に行うようにしましょう。

いずれのタイプでも、紫外線が肌にダメージを与えることには変わりありません。
抗がん剤や放射線の治療中の方は、そもそも日焼けしないように気を付けてくださいね。


●日焼け止めの「PA+」や「SPF20」ってどういう意味?
「PA」も「SPF」も、“紫外線から肌をどれくらい守ってくれるか”を数値化したものです。
紫外線は波長によって「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分けられ(上図参照)、「PA」は「UV-A」の防止効果を、「SPF」は「UV-B」の防止効果を表しています。
「UV-B」は肌表面の細胞を傷つけ、炎症を引き起こす(赤くなる)主な原因となります。
「UV-A」は紫外線の中でも波長が短い(=エネルギー量が多い)ため、曇り空でも地表に届き、屋内でも窓ガラスを透過し、肌の奥まで到達します。メラニン色素をつくる細胞を刺激し、シミやしわの発生に大きく関わっているとされています。

ちなみに、「UV-C」は地表にはほとんど届かないようです。


●日焼け止めには種類がある!使い分けは?
「PA」も「SPF」も常に最強のものを!なんて選び方では、かえって肌に余計な負担がかかり、肌トラブルを引き起こす原因になります。
下記を参考に、自分の活動に合わせた日焼け止めを選択するようにしましょう。

・日常生活(散歩やお買い物など):SPF10〜20、PA+~++
・屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動:SPF10~30、PA+~+++
・炎天下でのレジャー、マリンスポーツなど:SPF30以上、PA++以上

さらに、日焼け止めは大きく「吸収剤」と「散乱剤」の2つに分けられます。
「吸収剤」は紫外線を吸収し、熱エネルギーなどに変えることによって防ぎ、「散乱剤」は紫外線を反射・散乱させることによって肌へ届くのを防ぎます。

「吸収剤」は肌に塗っても白くならず、「散乱剤」よりも紫外線防止効果が高い反面、かぶれや皮膚アレルギーを起こす場合があります。一方で、「散乱剤」は白くなりますが、肌への負担は軽くなります。
がんの治療中の方や治療直後の方は「散乱剤」を使うか、「吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と書かれているものを選ぶようにしましょう。

自分の肌タイプや肌の状況に合わせた日焼け対策をとって、
今年の夏も元気に乗り切りたいですね!



【参考】